LGBTダイバーシティ推進コンサルティング

近年、LGBTダイバーシティ&インクルージョンの推進(ダイバーシティマネジメント)の取り組みを始めた企業が急増しております。

LGBTダイバーシティ&インクルージョンのゴールはどこにあるのか?どうすれば、そのゴールに向かっていくのか?
取り組みを始めた企業の多くがこの問いに対して試行錯誤をしているのが現状です。

LGBT当事者の多くが特別扱いを望んでいません。LGBT非当事者と同じ対応を望んでいます。それが自分らしく働くということにつながるからです。

LGBTダイバーシティ推進ロードマップ

LGBTダイバーシティ&インクルージョンを進めていくためには、企業の中の制度と風土の両面で取り組み、結果としてLGBT非当事者の中でAlly(アライ)を増やしていくことが大切です。

Nijiリクルーティングでは、LGBTダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを推進する企業に対して、コンサルティングサービスを提供しています。

LGBT当事者を受け入れ、活躍できる環境を作るために必要なことや、その優先順位、またそれを実行するにあたっての課題などに関して企業様の状況にあわせて、オーダーメイドでサービスを提供します。

 

サービス一例

LGBTはたらく相談窓口サービス

Nijiリクルーティングでは、厚労省のセクハラ指針の改正(2017年1月施行)なども踏まえて、企業向けに「LGBTはたらく相談窓口」のサービスを提供しています。

セクハラ指針で設置が求められているだけではなく、実際にLGBT当事者から企業への要望が多い項目のひとつが、この「LGBT相談窓口」です。
企業で働くLGBT当事者のうち、自己受容ができカミングアウトもできる人もいれば、自己受容がうまくいかず、カミングアウトがしたくても親しい人にもできずに悩んでいる人もいます。
自己受容できカミングアウトもできるひとであれば、特別な相談窓口がなくても上司や人事ダイバーシティの担当者に相談できる場合もあります。
一方で、上司はもちろん、身の回りの友人にさえ相談できない人もいます。Nijiリクルーティングに相談にくるLGBT当事者の中には「LGBTフレンドリー企業」で働いている人もいます。
また、社内相談窓口を設置している企業もありますが、プライバシーが守られないのではと不安を感じて相談ができないLGBT当事者もいます。

Nijiリクルーティングで提供している『LGBTはたらく相談窓口』では、企業で働くLGBT当事者からの、仕事に関する相談を受けつけております。

【サービス概要】
・専門相談員がメールにて24時間受付
・専門相談員が、従業員の悩みを整理し、深刻化を防止
・社内担当部署との連携により、個別の問題の深刻化を防止
・社内担当者からのご相談にも対応
・社内のLGBTダイバーシティ推進に資するフィードバック

これまで2,000人以上の働くLGBT当事者の相談を受けてきた社外の専門機関だからこそ、プライバシー保護や相談に関しての不安が少なく、実際にご相談をいただいています。

悩みを抱えながら働いているLGBT当事者からの相談を聞き、少しでも解決に近づけるサービスです。企業にとって潜在化されたリスクやデメリットを顕在化し、ダイバーシティのご担当者様と一緒になって解決を目指していきます。
また、LGBT当事者だけでなく、企業のダイバーシティご担当者様の相談も一緒に受け付けております。

TEL 03-6452-8822 受付時間 9:00 - 17:30 (土・日・祝日除く)

 
 



 

PAGETOP
Copyright © 株式会社Nijiリクルーティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.