LGBTダイバーシティ研修

Nijiリクルーティングの研修の特長

LGBTの基礎知識を知るだけであれば、書籍やインターネットなどでも一定の情報を入手することはできます。しかし、書籍などでは表面的な知識の習得にとどまります。

研修は知識を増やすことが目的ではなく、研修を受けたあとの研修参加者の行動が変わることが重要だと考えています。

そのために意識変革(気づき)を重視しています。

Nijiリクルーティングでは、研修参加者の多くが持つ無意識のバイアス(先入観)を変革させることに研修の目的をおいています。

必要な知識を身に着けると同時に、バイアス(先入観)を変革し、研修参加者のそれぞれの立場において、どういう行動をとっていくべきかを考えてもらえることを目指しています。

LGBT非当事者と当事者が講師

LGBTダイバーシティを推進するうえでは、LGBT当事者のことを知ると同時に、LGBT非当事者がAlly(アライ)になっていくことが重要です。そのためNijiリクルーティングの研修においては、Ally(アライ・LGBT非当事者)とLGBT当事者の両者が講師となって研修を実施します。

※Ally(アライ)とは、性的少数者を理解し支援するという立場を明確にしている人です。英語で「同盟、支援」を意味するallyが語源となっています。

オーダーメイド

時間や内容など事前にご相談のうえオーダーメイドで実施いたします。研修対象者によって研修の目的が変わります。研修参加人数によりグループワークの導入など進め方が変わります。研修内容や進め方を変えることにより、より効果的な研修を実施したします。

300社以上の取り組み事例

これまで2000名以上のLGBT当事者から、働く上での悩みの相談を直接うけております。またLGBTダイバーシティの推進やLGBT採用を行っている300社以上の企業の取り組み事例を踏まえて、LGBT×働くに特化した研修を多数実施しています。研修やセミナーは、大手企業からベンチャー企業、また自治体や大学など数多くあります。

 

研修プログラム(例)

経営者向け研修

対象者:社長・経営者
目的:LGBTダイバーシティを経営課題として捉える
内容:LGBTダイバーシティを推進することは企業にとって重要な経営課題の一つとなっています。LGBTの基礎知識だけでなく、これに取り組むことの意義・目的・メリット・リスクなどについて他社の事例なども踏まえてお話いたします。

管理者向け研修

対象者:管理職
目的:部下からのカミングアウト時にどう対応すべきかを学ぶ
内容:職場における風土の醸成は、管理職の考え方に大きな影響を受けます。また部下から直接カミングアウトを受けることが多い立場でもあります。LGBT基礎知識にとどまらず、職場で実際に起こりうることを想定し、参加者自ら考えていただく研修になっています。

人事担当者向け研修

対象:人事担当者、ダイバーシティ担当者
目的:LGBTの基礎知識から、ダイバーシティ推進の実際の進め方のアウトラインまでを知る
内容:人事(ダイバーシティ)担当者は、多岐にわたる知識と意識改革の先頭にたつことが求められます。LGBTの基礎知識からダイバーシティ推進の概要、実際に進めていくうえでの取り組むべきこと、留意点などの知識と、意識改革のワークなどを取り入れた研修を行います。

採用担当者向け研修

対象:採用担当者
目的:求職者や就活生の中にいるLGBT当事者への対応を学ぶ
内容:新卒採用の選考現場では、LGBT当事者からカミングアウトを受けるという事例が増えてきています。基礎知識に加えて、採用現場で必要な対応や、一歩進んでより採用力を上げるために取り組むことは何かを考える研修を実施します。

一般社員向け研修

対象:全社員
目的:LGBTの基礎知識をみにつける。Ally(アライ)を増やす。
内容:身近な同僚の中にもLGBT当事者がいる可能性はあります。実際にLGBT当事者との質疑応答を通して基礎知識の習得をしていただき、その先にあるすべての人が働きやすい職場環境づくりを意識した研修を行います。修

TEL 03-6452-8822 受付時間 9:00 - 17:30 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社Nijiリクルーティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.