LGBTダイバーシティのススメ
  • HOME »
  • LGBTダイバーシティのススメ »
  • LGBT書籍紹介

LGBT書籍紹介

芥川賞作家の描くの青春小説。LGBT関連書籍

『少年と少女のポルカ』 『六月の夜I』 『六月の夜II』 芥川賞作家の藤野千夜さんの作品です。この本が書かれたのは1996年なので、30年近く前のことになります。(六月の夜は、続編として2018年に出版されています) 3 …

LGBTQへの具体的な対応は?ダイバーシティ担当者におススメ。LGBT関連書籍

『LGBTQの働き方をケアする本』 FTMトランスジェンダーの当事者として、多くの当事者の支援を行ってきた宮川直己さんによるLGBTQへの対応をどうするのがいいのか?ということにフォーカスをしている本です。 LGBTをテ …

実話に基づくおススメのLGBT関連映画

4月末から5月初めにかけてのPRIDEウィーク、そして6月のPRIDE月間など、LGBTに関連するイベントが多数開催される時期です。コロナの影響でオンライン開催のみとなっていた東京レインボープライドも2022年は、久しぶ …

アウティングについて一通り知りたい人におススメLGBT関連書籍

『あいつゲイだって アウティングはなぜ問題なのか?』 ゲイであることをオープンにしながら、一般社団法人fairの代表理事として、web媒体への記事執筆などで活躍している松岡宗嗣さんの著書です。 本書では、「アウティング」 …

LGBTについて哲学的に考えてみたい人におススメLGBT関連書籍

『トランスジェンダーの原理』 2022年1月に出版されたばかりの書籍です。著者の神名龍子さんは、まだインターネット黎明期にパソコン通信の世界で女装家向けに「EON」という掲示板(会員数1500人ほど)を運営しており、その …

アロマンティック・アセクシュアルを取り上げたNHKドラマ

「恋せぬふたり」 LGBTをテーマにしたドラマが増えています。NHKでは2018年に「女子的生活」でMTFトランスジェンダーをテーマに、また「弟の夫」というゲイをテーマにしたドラマを放送し、2019年には「腐女子、うっか …

カミングアウトを受けた人が主人公のLGBT関連映画

『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』 最近は、LGBTをテーマにした映画が増えています。ほとんどの映画の主人公はLGBTの当事者ですが、本作は、MTFトランスジェンダーの父親をもつ11歳の少女が主人公です。突然、カミン …

自分に潜むアンコンシャスバイアスを確認したい人におススメLGBT関連書籍「#駄言辞典」

『#駄言辞典』 “駄言”とは、『「女はビジネスに向かない」のような思い込みによる発言。特に性別に基づくものが多い。相手の能力や個性を考えないステレオタイプな発言だが、言った当人には悪気がないことも多い。』 この本は、こう …

2021年本屋大賞作品は、LGBTをどう描いているか?LGBT関連書籍「52ヘルツのクジラたち」

『52ヘルツのクジラたち』。 全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める『2021年本屋大賞』に選ばれた作品です。本屋大賞の過去の受賞作としては、「博士の愛した数式」「告白」「海賊と呼ばれた男」「ゴールデンスランバー …

『究極のダイバーシティLGBT』6年前の日経ビジネス特集を振り返る

週刊日経ビジネスでの2021年8月23日号で、「あなたの隣のエンダー革命」が特集として取り上げられています。この特集では、女性の貧困や自殺の問題、LGBTQ+の働き方や同性婚の問題、家族制度や役割などについて、価値観とい …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社Nijiリクルーティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.