LGBTダイバーシティのススメ
  • HOME »
  • LGBTダイバーシティのススメ »
  • LGBT当事者の声

LGBT当事者の声

理解のある職場ですが、カミングアウトできません。LGBT当事者の体験

企業で働くLGBTはカミングアウトをしたい人もいれば、必要ないと考えている人もいます。カミングアウトをしたいという人にとっては、職場の理解度(フレンドリー度合い)が何より大切なポイントになります。 今回、ご紹介するのは、 …

面接でLGBTの話をして内定をもらいました。LGBT当事者の体験

LGBTの就活生は、自分のセクシュアリティを就活の面接の場で伝えるかどうか、悩むケースが多いです。レズビアンやゲイの就活生の場合は、選考時に言わなくてもバレないので、選考時にはカミングアウトをしないという人が多いです。 …

カミングアウトをスルーされています。LGBT当事者の体験

社会のLGBT理解度の高まりとともに、職場でカミングアウトをするLGBTも増えてきているように感じます。既存社員が職場でカミングアウトをした場合の企業の反応は、大きく分けると2パターンになることが多いです。 一つ目が、本 …

ゲイの私が職場に望むこと。LGBT当事者の体験

LGBT当事者の職場でのカミングアウトをしている割合は5%程度という調査結果があります。これはカミングアウトをしにくい環境という要素もありますが、一方でカミングアウトを必要ない、したくないなどの考えの人も多くいます。 L …

レズビアンですが結婚しています。LGBT当事者の体験談

日本では同性婚が法的に認められていないので、セクシャルマイノリティの中には同性婚の法制化を求める人もたくさんいます。同性婚の法制化を求める動きは近年、より大きくなっており2019年2月には同性であっても婚姻を認めるように …

男女別にして欲しいです。LGBT当事者の体験談

LGBT当事者からの要望を背景に、さまざまなLGBT取り組みを進める企業が増えております。トランスジェンダー(Xジェンダー)からの要望として男女差をできるだけなくしてほしいという要望も多くあります。 今回は、LGBT取り …

パワハラ(SOGIハラ)防止法が心配です。LGBT当事者の体験談

2020年6月施行のパワハラ防止法が施行されて、性的指向・性自認に関しては“機微な個人情報”であり、本人の同意なく第三者にこれを暴露(アウティング)した場合にはパワハラに該当する可能性があるので、企業に防止義務を課してい …

台湾のLGBT事情。トリプルマイノリティから見える世界。LGBT当事者の体験

台湾では2019年5月に同性婚が法律で認められました。すでに3,000組以上のカップルがこの制度を利用しているそうです。 今回はそんな台湾出身のJさんからお話をお聞きしました。Jさんは日本にきて8年になる28歳のゲイの当 …

レズビアンならではの働くうえでの難しさ。LGBT当事者の体験

LGBTは就労するうえでさまざまな難しさがあります。トランスジェンダーやXジェンダーは働くうえで目に見える要望があることが多いので、周囲もトランスジェンダーがもつ難しさもわかりやすいことが多いです。 一方で同性愛という意 …

セクシュアリティがよくわかりません。LGBT当事者の体験

最近は、セクシュアルマイノリティの総称として『LGBT』に“Q”をプラスして、『LGBTQ+』という表現をすることが増えてきています。この“Q”はクイアやクエスチョニングの頭文字です。クエスチョニングとは自身の性自認(自 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社Nijiリクルーティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.